革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冷え性対策に効く?

冷え性対策に青汁が効く?

現代女性の多くが悩まされているのが「冷え性」です。
手足が冷える、足が冷たくて眠れない、風呂あがりでも靴下を履かないといられない等々、冷え症で困っている女性が急増しています。
この「冷え性の改善に青汁が効く」というのは本当なのでしょうか?

■冷え性の原因とは?
冷え性の原因は、大きく分けて次の4つになります。
・血液の汚れ(血液ドロドロ)
 いわゆる「血液ドロドロ」という状態になると、血液の粘度が高くなり血行が阻害されて冷えの原因となります。
・血管が細く硬い(動脈硬化)
 コレステロールの影響で血管が細く硬くなると詰まりが起こって冷えが起こります。
・精神的なストレス(血行不良)
 人間はストレスを感じると自律神経が働いて血管が収縮します。過度の精神的ストレスは冷えの原因となります。
・運動不足(血液循環の不良)
 運動することによって心臓から体のすみずみへと血液が送り出され、また筋肉の収縮によって血液は心臓へと戻ってきます。こうした血液循環を援ける運動が不足すると、血液循環が不良となって冷え症につながります。
・肥満(太り過ぎ)
 太り過ぎて皮下脂肪がつくと冷えの原因となります。脂肪は一度冷えると温まりにくいという性質があり、熱を作り出す筋肉が少なく脂肪が多い人は冷え性になりやすいのです。

■青汁と冷え性の関係
ここまで4つの大きな冷え性の原因について説明してきました。
では、青汁は冷え性改善にどのような効果があるのでしょうか。

◎「血液ドロドロ」を改善する
青汁に豊富に含まれている食物繊維には、体内の悪玉コレステロールを吸着して体外に排泄するという働きがあります。食物繊維を摂取することでコレステロールの排泄がスムーズに進み、「ドロドロ血液」を「サラサラ血液」へと導いてくれます。

さらに、血液ドロドロが改善されると、血管の詰まりや血管が細く硬くなる動脈硬化などの症状を防ぎ、健やかな血行を促進することによって冷え性改善につながります。
食物繊維は冷え性改善だけでなく、中高年に起こりがちな動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなるというわけです。

◎「健康的なダイエット」を応援する
青汁がダイエットに適しているのは、(1)ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれている、(2)食物繊維が便秘予防や改善をサポートしてくれる、(3)ビタミンB群が脂質や糖質の分解を援けてくれるためです。

不足しがちなビタミン、ミネラルなどを手軽に摂取できるため、ダイエット中でもバランスよく栄養素が補給できて便利です。
また、ダイエットの大敵である脂質や糖質の分解を援ける働きもあり、スムーズなダイエットをサポートしてくれます。
肥満(太り過ぎ)が冷え症の原因となっている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
正しい青汁ダイエット方法がこちらに載っていますので一度ご覧ください。
誤った食事制限や、青汁の置き換えダイエットはリバウンドしてしまったり体に悪いのでやめましょう。
ダイエット時の注意点はhttp://www.zobo.tv/notes.htmlにまとめてあります。

◎「血行促進」をサポートしてくれる
血行が良くなると冷えが改善されるというのは、冷え症でない人でもお分かりの通りです。
運動をすると体がポカポカしてくるのは血行が促進されるためですが、実は青汁にも血行を促進してくれる栄養素が含まれているのです。

その栄養素が、末梢の血管を広げて血行を援けてくれる「ビタミンE」です。
ビタミンEは血行障害による冷え性や肩こりなどの症状を改善してくれます。

手軽で美味しく飲める青汁を上手に活用し、ツライ冷え性の改善にトライしてください。