革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

美味しく飲む5つの方法

青汁を美味しく飲む5つの方法

かつては「美味しくない」、「飲みにくい」と言われていた青汁ですが、現在では研究開発が進んで飲みやすい商品が増えてきました。
はちみつ入りで甘みのあるもの、レモン入りでさっぱり味のもの、抹茶入りで風味の良いもの、豆乳入りで滑らかな口当たりのものなどに加え、サプリメントとして摂取できる商品もあります。
ここでは、青汁をさらに美味しく飲む5つの方法をご紹介していきます。

■牛乳と混ぜて飲む
子供さんにも大人気の「青汁の美味しい飲み方」です。
色合いも抹茶ミルクに似ていて、飲みたいという気持ちも高まります。
青くさい匂いが気になってしまう人や苦みが不得意という人にも適しており、同時に牛乳に含まれているタンパク質やカルシウムといった栄養素も補給できるので効率の良い方法といえるでしょう。
はちみつやお砂糖などを少し加えると、さらに飲みやすく美味しくいただけます。

■豆乳で割って飲む
最近、ヘルシー志向の女性のあいだで話題の青汁を「豆乳」で割って飲む方法です。
豆乳にはビタミンEやB1、ビタミンK、葉酸、鉄分など女性にうれしい栄養素がたくさん含まれています。
牛乳に比べてカロリーが低いのも、女性に人気の理由かもしれません。
(200ml当たりのカロリーは牛乳134kcalに対して、豆乳88?100kcalです。)
少量のはちみつやお砂糖、便秘解消をサポートしてくれるオリゴ糖などを加えても美味しくいただけます。

■野菜ジュースと混ぜる
女性のみならず男性にも人気があるのが「野菜ジュース」に混ぜて飲むという方法です。
野菜ジュースに混ぜると、青汁の匂いや苦みが緩和されて飲みやすくなります。
また、野菜ジュースにはタンパク質、カルシウム、カリウム、リコピン、食物繊維などの栄養成分が含まれており、美味しく飲めて栄養素も摂取できると一石二鳥の方法です。
さらに、粉状の商品は野菜ジュースに溶けやすいと言われており、そうした点からもこの飲み方が人気になっています。

■くだものジュースで割って飲む
青汁とフルーツジュースを混ぜて飲むのは、子供さんや女性に大人気の飲み方で、
こちらのhttp://www.springfieldinternational.org/でも紹介されています。
フルーツの種類としては、アップル(りんご)、グレープフルーツ、パイナップル、マンゴー、ミックスなどが好評ですが、自分好みの味にアレンジしても楽しいでしょう。
くだもの本来の甘みやさわやかな酸っぱさが加わって、朝の一杯としてもたいへん美味しくいただけます。

■ヨーグルトに混ぜて摂る
意外な美味しさが大人気なのが「ヨーグルトに混ぜて摂る」という方法です。
少し酸っぱくてまろやかなヨーグルトに青汁を混ぜると、匂いや苦みが気にならず美味しくいただくことができます。
もちろん、ヨーグルトドリンクに混ぜて飲むという方法も好評です。
お好みに合わせてはちみつやお砂糖などを少し加えると、さらに飲みやすく美味しくなります。

この他にもいくつかおいしい割り方がありますのでhttp://simplest-shop.com/のサイトを参考にしてください。
また、お子様に人気の青汁を使ったお菓子レシピはこちらにあります。
野菜嫌いな子供でもこのお菓子なら嫌がらずに食べてくれるそうですよ。

こちらのクロレラの青汁についての解説も、ぜひご覧になってみてください。

こちらのhttp://xn--a-kb9b083j.com/rank_azi.htmlでは、効果が期待できる順のランキングや、
味がおいしい順、値段順など様々な視点から商品のランク付けがされています。
こちらをご覧になって自分に合う続けられそうな商品を見つけてください。