革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

青汁は食物繊維が豊富?

青汁は食物繊維が豊富?

青汁の特色のひとつが、健康や美容にいい成分である「食物繊維」が豊富だということです。
食物繊維とは、人間の体内の消化酵素では消化されない食物の成分をいいます。
美肌つくりやダイエットに役立つという食物繊維ですが、青汁には豊富に含まれているというのは本当でしょうか?

■青汁と食物繊維の関係とは
青汁には美容や健康つくりを応援してくれる食物繊維が豊富に含まれています。
この青汁の原材料となっているのが、ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉など食物繊維が豊富な植物です。
・ケールの特徴はこちらhttp://xn--ecki4eoz9542g88yc.ws/
・大麦若葉の特徴はこちらhttp://xn--bpwzip43g96g.cc/
・明日葉の特徴はこちらhttp://www.aoba-shop.com/
・桑の葉の特徴はこちらhttp://cungcapmaychu.com/
にそれぞれ詳しく載っています。

青汁の製造過程ではこれらの植物の葉や穂などの原材料が加工されますが、植物が本来もっている食物繊維はすべて取り除かれてしまうわけではなく成分のひとつとして含まれています。
そのため、私たちが青汁を飲むことによって、同時に青汁に含まれている食物繊維も摂ることができるというわけです。

■食物繊維の効果とは?
食物繊維にはさまざまな効能がありますが、その代表格といえば「便秘の予防」と「生活習慣病の予防」です。

体内に入った食物繊維は水分を吸収して膨張し、腸壁を刺激しながら便の排泄を促すという働きがあります。
これは食物繊維のうちの不溶性食物繊維の働きですが、青汁は便秘を防ぎ毎日のスムーズな排泄習慣をサポートしてくれる効果が期待できるのです。

もうひとつの食物繊維の働きは、現在の社会的な問題ともなっている生活習慣病の予防です。
水溶性の食物繊維には、体内の有害物質を吸収して排泄するという働きがあります。
糖尿病や大腸がん、高血圧、動脈硬化といった生活習慣病の予防の効果を発揮し、若々しく健康な身体つくりに貢献してくれるというわけです。

こうした食物繊維の働きに着目し、便秘改善からの美肌つくりやダイエット、健康つくりのための減量などに活用している人もいます。

■青汁で食物繊維を摂るには?
当初は「健康に良くても飲みにくい」と言われていた青汁ですが、次第に人気が上昇するとともに多種類の商品が開発されるようになってきました。
その種類も、原材料にケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などを用いたものからから、豆乳青汁や美容青汁といった付加価値を感じさせる広範囲の商品が販売されています。

そこで便秘予防や生活習慣病予防に青汁を活用したいと考えている場合は、多岐にわたる青汁商品のなかでも「食物繊維が豊富な青汁」を選ぶとより高い効果が期待できるでしょう。
現在の青汁はかつてのように飲みにくいというものではなくなりました。
普通の飲料を楽しむように、美味しく手軽に飲めるのが今の青汁です。
そこで「食物繊維」というキーワードに注目して、自分の目的に合った青汁を選ぶというのも賢い青汁の利用方法ではないでしょうか。
こちらのサイトにはダイエットのポイントについての詳しい解説があります。ぜひご覧になってみてください。