革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

青汁に含まれる栄養素とは

青汁に含まれる栄養素とは

野菜不足解消にピッタリと話題なのが、美味しくて手軽に飲める青汁です。
美容や健康な体つくりに青汁は役立つといわれていますが、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。

■青汁に含まれる栄養素
大人から子供まで幅広い年代層に利用されている青汁は、人気急上昇とともにバリュエーション豊かな商品ラインナップが出そろってきました。
子供向けの商品がhttp://www.scrantonsg.org/で紹介されています。

商品ごとに多少の差異はありますが、ここでは青汁に含まれている代表的な栄養素について紹介していきます。

◎ビタミンA
小松菜やモロヘイヤ、明日葉などに多く含まれる栄養素で、βカロテンという名称でも知られています。髪や皮膚の健康、免疫機能の維持、のどや鼻の粘膜を正常に保つなどの働きがあり、不足すると抜け毛が増えたり肌トラブルが起こることもあります。

◎ビタミンB1
豚肉や鶏レバーなどに多く含まれ、心臓機能を正常に保ったり筋肉疲労を回復させる働きがある栄養素です。ただし、水に溶けやすく熱に弱いという特徴があり、水分や熱を使用する調理では多くが失われてしまいます。食品だけでなく青汁という形でも摂取したい栄養素です。

◎ビタミンB2
納豆や牛乳、ヨーグルトなどに多く含まれる栄養素で、健康な髪や皮膚つくりのサポートや口内炎などの予防・症状緩和を助ける働きがあります。不足すると目の充血や動脈硬化などが起こりやすくなることもあります。

◎ビタミンK
明日葉、春菊、カブの葉などに多く含まれ、骨の形成や胃の粘膜を守る働きがある栄養素です。不足すると胃粘膜の弱りや大腸炎、骨の劣化などが起こりやすくなります。

◎ビタミンB3(ナイアシン)
豚レバー、カツオ、サンマなどに多く含まれる栄養素で、血液循環の促進、血圧の低下、コレステロールの低下などを助ける働きがあります。不足すると頭痛、食欲不振、下痢、便秘などが起こりやすくなることがあります。

◎パントテン酸
アボガド、豚・牛ヒレ肉、ウナギなどに多く含まれ、脂質や糖質の代謝を助けたり善玉コレステロールを増やす働きがある栄養素です。不足すると感染症にかかりやすくなったり動脈硬化などが起こりやすくなります。

◎ビタミンC
レモン、キウイ、イチゴなどに多く含まれる栄養素で、高い抗酸化作用がありアンチエイジングやコラーゲンの合成、メラニン色素の合成を抑制するなどの働きがあります。不足すると肌トラブルや病気にかかりやすくなります。

◎その他の栄養素
オイル類やナッツ類に多く含まれ強い抗酸化力のあるビタミンE、緑黄色野菜に多く含まれ赤血球や細胞の新生に欠かせない葉酸、野菜や果物に多く含まれナトリウムの排泄を促すカリウム、葉物野菜や根菜に多く含まれ便秘改善をサポートする食物繊維など多様な栄養素が含まれています。


こちらの赤ちゃんの離乳食についての詳しい解説もぜひ、ご覧ください。栄養が豊富なのでお勧めです。
青汁にはたくさんの種類がありますので、自分に合った栄養素を多く含む商品を探してみてください。
こちらに青汁の製品タイプと売れ筋商品が紹介されていますので参考にしてみてください。