革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

生活習慣病と青汁の関係

生活習慣病と青汁の関係

現在、生活習慣病で亡くなる人の数は、全体の約3分の2にまで達しています。
厚生労働省では「健康日本21」というプロジェクトをスタートし、生活習慣病などをなくす健康づくり運動を行なっているほどです。
その日本人の約60%もの人の死因となっている、「生活習慣病の予防」に役立つといわれているのが青汁なのです。

■生活習慣病と予防
生活習慣病とは、不規則で良くない生活習慣を積み重ねることによって起こる病気のことをいいます。

主な生活習慣病としては、糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満などがあります。
いずれも、一般の人でもよく耳にする病名ですが、これらが良くない生活習慣を続けることによって起こるということは意外と知られていないかもしれません。

生活習慣病に関しては、しばしば「これは遺伝だから仕方ない」、「忙しいんだから無理をせざるを得ない」といった言葉を耳にしますが、生活習慣病は日常の習慣を見直し、しっかりしたケアを行なえば防ぐことのできるものだと言われているのです。

■野菜を毎日350g摂れる?
「毎日、青汁を飲んでいる」、「これから青汁を飲んでみたい」、「青汁をこれからも飲み続けたい」という人の過半数は、日頃の野菜不足を感じている人たちだそうです。

野菜は身体に良い、健康つくりに役立つと分かっていても、忙しい現代人には毎日ように野菜を摂るのはなかなか難しいことですね。
厚生労働省では前述の「健康日本21」というプロジェクトで、日本人が1日に摂取したい野菜量として「1日=約350グラム」を掲げています。

約350グラムの野菜の目安を種類別にみると、キャベツ1/2個、キュウリ3.6本、もやし1.4袋、ピーマン7.2個、ホウレンソウ2束、ニンジン3.6本程度に相当します。
もちろん、単体の野菜では栄養に偏りが出てきてしまいますので、緑黄色野菜・淡色野菜などをバランス良く摂取する必要があるのです。

実際に厚労省の勧める「1日=野菜350グラム」を実行しようとすると、1?2日は実現できるものの年間を通して実践するのは少し難しく、やはり野菜不足を痛感することになるかもしれません。

■青汁と生活習慣病の予防
そんな野菜不足に有効活用したいのが、毎日手軽に飲めて生活習慣病の予防に効果が期待できる「青汁」です。
青汁にはhttp://www.rotary-chula.org/にもかいてあるようなビタミンA・B群・C・E・K・食物繊維などが豊富に含まれており、血圧や血糖値を下げる、便秘解消をサポートして大腸ガンを防ぐ、食物繊維で肥満を防ぐなど生活習慣病予防の効果が期待できます。

日頃から野菜不足を感じていて、生活習慣病が気になるという人は、毎日手軽に飲めて健康つくりを応援してくれる青汁を利用してみてはいかがでしょうか。
こちらのアトピーやニキビに効果的についての解説もぜひ、ご覧ください。
女性にとくにおすすめしたい青汁がhttp://www.greatlakescichlidsociety.net/woman.htmlでは紹介されています。
男性におすすめのタイプはhttp://aopon.jp/a_man.htmlになります。
女性のみなさんも男性のみなさんも、是非お試しください。